貯金箱を見ている女性
「古書店街」のお店で
お金の計算

低からぬ価値がある古書の買取を依頼すべき専門店は、「古書店街」と呼ばれるエリアにあります。東京の神田神保町が有名ですが、そのような街のお店を選ぶと間違いがないでしょう。

Read more
「専門店」を見極める
お金のイラスト

古書の世界は奥深いもので、どこの古書店に買取を依頼してもいいというものではありません。売りたい古書の属するジャンルを専門としている「専門店」を探して、依頼しましょう。

Read more
「古書」の買取
笑顔の女性

簡単に利用できる古書買取の優良店といえばこちらのお店がオススメです。

「古い本を売る」ということは、すっかり日常的な行為になりました。
昔は「まとめて縛ってゴミに出す」というのが普通でしたが、どの街にもチェーンの古本屋が並ぶようになってからは、それなりに状態のいい古本は買取サービスで引き取ってもらえるようになって、文庫本や雑誌、マンガ、小説の文庫版が出たので単行本を処分したいときなど、チェーンの古本屋に持っていって何がしかのお金にかえてトクをする、という感じになっています。読まなくなった本や、あまりに本が多すぎるので処分したいとき、親や親戚の本を処分するときなどにも使えるサービスとなっています。
ただし、売りたい本が、「古本」というよりは「古書」というべきものであるとき、買取を依頼するお店は慎重に選ぶ必要があります。
このあたりはニュアンスの問題ですが、「古書」は「古本」よりも価値的に高いもの、をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。新刊書店で売っているような小説の文庫本やマンガ本ではなく、部数限定で出された昔の文豪の本とか、アート関係の分厚い本といったものです。玄人好みの哲学書や学術書などもコレに含まれると思います。

そのような本は、モノによっては数十円、数百円の買取額ではなく、ケタ違いの高値が付くこともあります。
チェーンの古本屋でアルバイトスタッフに査定してもらうのではなく、古書を専門とする古書店の買取サービスを利用して処分すべきものなのです。
ここでは、そんな買取サービスを行っている古書店の利用方法についてまとめました!

出張買取もできる
黄色の財布を持っている女性

古書店に持っていくには数が多すぎる、ちょっと重すぎる、あるいは遠すぎる……そんな場合は、お店から本に詳しい査定スタッフを呼ぶことができる「出張買取」を利用しましょう。

Read more